住まい・インテリア

わんこの手づくりチョーカー 出来ました。

先日「わんこの手づくりチョーカー教室」が開催されました。


だいぶ、時間が経ってしまいましたが、、、ちょっとご報告。

杜のみどりの お茶飲みスペースにて。
(普段はここで お庭の打ち合わせをしています)

P1380668

さてさて、 先生の指導で、作業は順調に進みました。

P1380694

革ひもが編めたら、イニシャルなどのチャームを取り付け。

先生がたくさんの種類を用意してくださったので
みなさん楽しそうに、選びます。

迷いますね~

そして・・・
P1380726

それぞれかわいい
チョーカーが出来上がりました!

今回参加された お二人とも 赤の革ひもをチョイス
されました。
(他にも 茶、アイボリー、青、水色、などがありますよ)


参加された、ミニチュアシュナウザー「シュナちゃん」も
ゴールデンレトリバーの「レオンくん」も
2月がお誕生月でした。

やさしい飼い主さんの手づくりという
最高のお誕生日プレゼントになりましたね♪

P1380730
シュナちゃん


P1380717
レオンくん

普段から、暮らしを素敵に彩るいろいろな雑貨を
つくっている先生は、

みなさんに
「手づくりする楽しさを知ってほしい」
そして「それを大切にする気持ちを大事にして欲しい」
という気持ちを込めて、教えてくださいました。

手づくりのよさを、みなさん感じとって持ち帰って
くださったことでしょう♪



楽しい「手づくり教室」となりました。


            杜のみどり ガーデンデザイン
                  
http://www.mori-midog.com/
                E-mail : mori-midori@nifty.com
                     tel : 0480-31-8701


「かんたん棚」 できました。

仕事スペースの壁に・・・
P1380561

こんな棚が。
材料費、およそ200円(!)で できましたー
板は 現場で余った 残材なので・・・
いい感じに ざっくり感というか 古びた感 があります♪


P1380554
ブックエンドは 石 (笑)
余った板を利用した かんたん棚。
お勧めですよー
 



            杜のみどり ガーデンデザイン
                  
http://www.mori-midog.com/
                E-mail : mori-midori@nifty.com
                     tel : 0480-31-8701

「わんこの手づくりチョーカー教室」

2月になりました。
ここのところ少し暖かい日が続きましたね。

さて、今日はお知らせです。
ほっこりとやさしい 手づくり雑貨講座を開催します♪


 「 わんこの手づくりチョーカー教室 」

色とりどりの革ひもに、リボンやチロリアンテープを編み込んだ
わんこのチョーカーを手づくりしてみませんか。
かわいいわんこさんに似合うように、またお友達のわんこさんへ
のプレゼントにも・・・

どこにも売っていない あなただけのオリジナルチョーカーが
作れます。
陽だまりの土間スペースで お茶とおしゃべりを楽しみながら
気軽にチャレンジしてみませんか。


130122_061401
 こんな感じ。

P1370408
   ↑モデルさん

 
 
 

 *講座日* 2月 27日 (水) 10:00~12:00

 

 *場所 * 杜のみどりガーデンデザイン 
          お茶のみ土間スペース
 

 *受講費* 2,500円 (材料代・お茶代含みます



 *講師 * 齋藤 めぐみさん (グラフィカ)
         素敵な暮らしの雑貨を手づくりされている
         作家さんです

 *定員 * 5名  ※わんこ連れOKです。
             「杜のみどり」にも大型犬がいますが
             大丈夫であればお連れください。



お申し込みは 2月20日まで受付中。材料の準備がありますので
お早めにお申し込みください。
また、お申し込みの際に作りたいわんこさんの犬種、大きさなど
わかる範囲でお伝えください。

たくさんのお申込み お待ちしております♪


    お申し込みは こちらまで。

 
    tel : 0480-31-8701

         杜のみどりガーデンデザイン
    白岡市新白岡3-51-16
    mail :
mori-midori@nifty.com

 

 

職人技の。

職人技・・・というタイトルですが

今日は、お庭のことではありません。

建てて、5年も過ぎた自宅の、キッチンです。

P1310660


あまりきれいでないので!!!
ちょっと、、いや、かなりお恥ずかしいのですが。

新築するとき、キッチンはここの会社でお願いする!と
決めていました。
東京下町の「辰巳工業」さん。

ステンレスの会社でしたが、カッコよいステンレスの
キッチンをたくさん造っていて、まさにそれは職人技。
ホームページの施工例を見て
ひとめぼれでした。

依頼する時も、電話やFAXで何度もやりとりしましたが
予算が少ない上に^^; わがままを言う客に
よくつきあってくださる、職人集団的な
会社だった印象です。



今、シンクの下とコンロ下にキャスター付きの
収納がやっぱり欲しいなーと思っているのですが
これが、なかなか見つからない。
そこで辰巳工業さんにお願いしたい!
と思ったのですが、、、

少し前に、ホームページがなくなっていることに
気づき、、、
お電話してみたら違うところにかかってしまい、、、汗。

今はもう、やっていないのでしょうか・・・
だとしたら、残念でしかたないです。

              杜のみどり ガーデンデザイン
                    
http://www.mori-midog.com/
                   E-mail : mori-midori@nifty.com
                     tel : 0480-31-8701
                  時間: 9:00~18:00
 


              

外とつながる。

5月ですね。
ゴールデンウィーク真っ只中です。今年は10連休というかたも
多いようです。

「杜のみどり」はほぼ、通常営業。
(あ、明日5/4はお休みをいただく予定です)
ご予約があれば、お庭のご相談、打ち合わせも
受け付けておりますよ。

杜のみどりの庭では、今、どんどん新緑が濃くなり、
さまざまな形や色の葉っぱが日に日に茂ってきています。
また、代わるがわる、いろいろな花も咲いてくれている。

見る者の目を楽しませてくれています。

そんな花や葉っぱを少しだけ、ちょっきんちょっきんと・・・

P1280481
 シロヤマブキ ・ シモツケの葉 ・ ウノハナ ・ コナラの葉 

P1280476_2
               ねらっています・・・

P1280498
   シロヤマブキ ・ ライラック ・ ウノハナ ・ シモツケの葉



こうやって、無造作に挿しておくだけ。


庭の樹木の葉や咲いているものを少し、室内に持ち込んで 
それだけで、外と中が つながるような感覚。

家の中にお花を飾ったり、観葉植物を置いて育てたり・・・
そういうのは苦手だな、というかたも多いかもしれません。
(実は、私もそうかも)
そういう方でもこれなら簡単。
活け方も何も気にしない。自然な感じでОK。

外とつながる。

この感覚、気軽に味わってみてください。

          杜のみどり ガーデンデザイン
               
http://www.mori-midog.com/
               E-mail : mori-midori@nifty.com
                          tel : 0480-31-8701
            時間: 10:00~18:00

 

暮らしの庭。

 先日の大地震から1週間経ちました。

 まだまだ被災された方々は大変な状況のなか、
 避難生活が続き、余震や原発の事故も予断を許さない
 状況が続いています。
 大変な思いをされている方がたくさんいる。

 計画停電や、多少の物不足なんて、なんでもない。
 節電や、買い物を控える、ガソリンを使わない、募金・・・

 小さなことでもできることから、なんでもやる。ですね。


 あの日は、以前お庭工事させていただいたお施主さんから
 依頼を受け、テラスに屋根を取り付ける工事をしていました。

 職人さんは屋根を貼る作業中だったそう。
 ・・・そうとう揺れて、怖かっただろうと思います!

 お施主さんは、お庭をとても楽しんでくださっていて
 庭には、お花がいっぱいにあふれています。
 デッキにはこんな手作りのブランコが♪

 いいですね~
 ふたりのかわいいお嬢さんたちが元気に遊ぶ姿が
 目に浮かびます♪

  P1270984

 家族がみんなで居心地良く楽しめる庭。
 そんな 「 暮らしの庭 」 をつくれるのが一番うれしい
 と感じます。

 先日、学校の先生や仲間と食事をしていた時
 大きな施設などをデザインする建築家やインテリア
 デザイナーは、完成した時が一番うれしいのだそうだ
 という話になりました。

 庭は、やっぱりお施主さんの笑顔が見られた時が一番うれしい
 と、わたしは思います。
 そして、そこから先がもっと大事。
 庭はその先長い長い、お付き合いがあります。
 完成してからが、始まり。  そういう 「暮らしの庭」を
 これからもつくっていけたらいいなと、思うのでした。

                  

                       杜のみどり ガーデンデザイン
               
http://www.mori-midog.com/
               E-mail : mori-midori@nifty.com
                          tel : 0480-31-8701
            時間: 10:00~18:00

 
  
 

家と庭の関係②-駐車スペース-

新築の外構では、

「庭はともかく、駐車スペースと表札ポストは最低限つけておきたい。
 車は2台分。できれば来客用も・・・」

ということで、まず駐車スペースを優先的につくる場合も多いですね。

新築分譲地などでよく見かけるのが、どの家も同じように
駐車スペースを化粧ブロックなどでしっかり区画していて
庭となるようなスペースがわずかになってしまった!ようなケース。

「敷地には限りがあるし、車は大きいし、2台あるし・・・」

こうなってしまうことも、仕方がないと言えば仕方がないです。

でも、残りわずかの小さなスペース。庭として楽しみたいけど
実際庭に出て子供たちが遊ぶにしても、バーベキューを楽しむ
にしてもなかなか、厳しい。

駐車スペースをしっかり確保しながら、庭としても楽しむには
どうしたらいいのでしょう?

ポイントはいくつかあります。

①例えば、道路と敷地の高低差がそんなにないならば、あえて
  ブロックで区画しない。
 駐車スペースと庭の境の土を緩やかな傾斜ののり面にして、
 芝やグランドカバー、植栽や自然石などでゆるく仕切る。
 高低差がもしあっても、石を自然に段々に組んでみたり。
 子供たちは、石を登ったり降りたり、
 楽しんでしまうかもしれません。

②駐車スペースの床の素材をコンクリートを一面に打つのでは
 なく、自然石やタイヤが乗らない部分には踏圧にも強い下草
 などを利用する。

③できるだけ樹木も配置する。

そうすることで、車が停まっていない時は庭としても充分活用でき
「駐車場」「庭」という区分けがゆるやかになり、庭の「自由度」が
あがると思います。

敷地全体を、充分に活かして、
       より楽しめるように 「お庭」 計画したいですね。




           お庭の計画のご相談は こちらまで-

                      杜のみどり ガーデンデザイン
                        
http://www.mori-midog.com/
                         E-mail : mori-midori@nifty.com
                                     tel : 0480-31-8701
                       時間: 10:00~18:00

「家と庭の関係」①-玄関へのアプローチ-

『家を新築する時おさえておきたい 庭工事のポイント』

を、ガーデンデザイナーの目線で
ブログ上で折々に 書いていきたいと思います♪

今日は、ポイントその①-

「玄関へのアプローチ」です。

新築工事中の現場や、完成した住宅などを見ていると
道路から玄関までが1メートルくらいしかない、という家も
たくさん見かけます。
敷地目いっぱいに、できるだけ家を大きく広くしたいのも
人情ですし、住宅の会社も
「お客さんにできるだけ広くて快適な家を提供したい」という
ことなのかもしれないですね。

ただ、そうすると玄関ドアを開けるとすぐ道路。
通行人と「こんにちは」状態・・・
ましてや、ここで道路との「高低差」があると、狭いうえに
階段を何段も上がらなくてはならない。
危険だから手すりもつけなきゃ。ということになります。


 -そこで、ちょっと発想の転換。


 家の広さばかりにとらわれず、敷地全体を活用する
ことに視点を変えてみます。

「玄関へのアプローチ」と書いた空間を、例えばここを
お客様や友人をもてなす空間と捉えてみる。

つまり、玄関を少し道路から離し、そのあいたスペースに
小さな接客スペースを設けてみる。
目隠しにもなるフェンスやパーゴラで囲ったり、ベンチや
テーブルを備えたり。
ちょっとしたちいさなカフェのようなお茶も楽しめる空間を
つくってしまう。
つまり外の接客スペース。
宅急便をうけとるのも、回覧板を持ってきてくれた近所の
方とちょこっとおしゃべりするのもここでOK。
家が片付いてないときも、ここでOKってことで・・・

家の面積はその分、小さくなるわけですが
「ちょっとした接客スペース」は外にあるわけだから
実際の生活空間は充分とれるはず。



 最近では住宅の会社が外回りの工事も新築時に
一緒にやってくれることが多いようです。
この時に、実際に「暮らす」家族が外の空間をどう使いたい
のか、要望を言えるといいと思います。

 -どんなことを、要望しようか・・・

迷ったら、ぜひガーデンデザイナーにお声をかけてください♪
敷地全体を活かすためにお役に立てるアドバイスが
できると思います。
(間取りなどの計画段階でご相談にのれたら・・・というのが
 本音です^^)

「まず、家ありき」ではなく 「家と庭」をひとつの空間として
活かしきる。
新築時にぜひ考えておきたい大事なポイントです。


     ご相談はこちらまで-

               杜のみどり ガーデンデザイン
               
http://www.mori-midog.com/
               E-mail : mori-midori@nifty.com
                          tel : 0480-31-8701
            時間: 10:00~18:00

その他のカテゴリー

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ