« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

「自然風生垣」 ~生垣いろいろ~

隣地や道路との境に、生垣。

生き物だから、当然手入れは必要になりますが

ブロックを数段積み、フェンスを付けるより
よい景色を作れると思います。

また、目隠しが必要な時にも、生垣がよかったりします。

生垣といっても、いろいろありますね。

低木のツツジやドウダンツツジなどを列植した低い生垣。

高さのある樹木でつくる高垣。

中くらいの高さの生垣でも「混ぜ垣」にすると、葉色や花の咲く時期
などに変化があって、楽しめるということで、よくやります。

混ぜ垣いろいろ。

P1400173




P1340924


P1390672

トキワマンサクやサザンカ、ナンテンやマサキなどなど・・・
だいたい3種くらいを ランダムに混ぜて植えています。


さらに、進化形!?こんな生垣にしたこともありました。

「自然風生垣」。

P1320447

樹種も高さももっと多様に、生垣ではあるけれど
自然風に植えこんでいます。

電柱までも、うまくなじむ??ように。


好きな樹種を一種類を選んで美しい生垣にするもよし。
いくつかを混ぜて、自然で自由な生垣にして
楽しんでみるのも、よしですね。


             - 家族のための「暮らしの庭」を -

              杜のみどり ガーデンデザイン
               http://www.mori-midog.com/
                  E-mail : mori-midori@nifty.com
                      tel : 0480-31-8701








植栽。あともう少し。

「記憶のなかの庭」 そのつづきです。

よいお天気の今日は、植栽。
やっと、植栽。


P1400096

雪見灯籠のそばに ヤマモミジ。

P1400110


P1400100

ナツハゼに。

P1400108

アオダモ。


みどりが入ってなんとか形になってきました。

90歳を超えた祖母(つまりかつての造園屋さん
のおかみさん)が、そばで見ていて

「もっとこっち側を掘らないと」
「ホースで早く水を持ってきて」

「水はたっぷりだよ」

と、指示を出し、まるで現場監督さんのよう。

さすがだ(笑)  そして、元気です‼

あとは、砂利を入れて、下草、苔などを入れます。
次の作業はいつになるかな、、、

なかなか完成しませんが、あともう少し、がんばろう。

 

 
             - 家族のための「暮らしの庭」を -

              杜のみどり ガーデンデザイン
               http://www.mori-midog.com/
                  E-mail : mori-midori@nifty.com
                      tel : 0480-31-8701

ヤマボウシの咲くころ。

昨日も今日も、夏のような日差し。

でも、空気は爽やかで気持ちよい季節です。

そんな季節に咲くヤマボウシ。

杜のみどりの庭でも今年もたくさん花をつけました。
P1400037

この葉っぱも花も・・・

おっと。花は真ん中の黄緑色のちいさい球の集合体でしたね。
白い花に見えるのは「総苞片」。

葉っぱも白い花に見えるところも
なぜに、こんなに見事なかたちと色なのでしょうねえ・・・
間近でじっくり見ると、ほれぼれしてしまいますよ。
枝をちょっとだけ切って 花器に挿しました。
P1400070

さてさて、「杜のみどり」の庭も、みどりが溢れてきました。
お庭をどうしようかなーと考え中のかたも
ただ、「お庭見せてー」なかたも。

どうぞ、ふらりと遊びにいらしてください♪


いま ヤマボウシが 満開ですよ。
 



            - 家族のための「暮らしの庭」を -
              杜のみどり ガーデンデザイン
               http://www.mori-midog.com/
                  E-mail : mori-midori@nifty.com
                      tel : 0480-31-8701

記憶のなかの庭。

連休中の2日間、実家の敷地で庭づくりしました。

門から玄関に向かう細長く残った土のスペース。

昔からある五葉松や、雪見灯籠、ツツジはそのままに。
(ていうか、動かせない!!)
転がっていた石などを再利用して
造りなおしてみようと言うことで。

P1390930

埋もれていた四角い大小の石を「沢飛び」の石のように。

臼石は一度、私がもらっていったものを
ここに戻しました。
やはり、ここの庭の方が居心地がいい。と
臼石が、言ってる気がして(笑)


P1390933
転がっていた石造品。
(父の話によると、灯籠の一部だったよう) 
これも流れの途中のポイントになるように立て直し。

ちょっと、喜んでいるように見えるのは
気のせいか・・・



P1390938
使い古した枕木は、塗りなおして木橋に。


P1390942
まだ、途中ですが、、、今のところはここまで。

かつて、実家が造園やさんだったころ、庭には
小さな池があり、その周りにたくさんの植栽と石とで
池の周りをぐるりと歩けるように造ってありました。

石で高低差が造られ、まるで深い山の中を
歩いているような。
今思えばあれは、祖父が造った小さな
「池泉回遊式庭園」だったのかな、と。

(↑子供のころは、探検ごっこの格好の遊び場だった)


その記憶を頼りに、ここの庭を造ろうとしています。
細長いスペースでもあり、それを再現することは
技術もなく、難しいです・・・

しかし少しでも、その庭の記憶を蘇らせるような
空間ができるように
もうちょっと、がんばってみようと思います!
植栽もいれて、流れの砂利(枯れ流れですが)をいれて
よい空間ができますように♪
 



             - 家族のための「暮らしの庭」を -
              杜のみどり ガーデンデザイン
               http://www.mori-midog.com/
                  E-mail : mori-midori@nifty.com
                      tel : 0480-31-8701

石畳の庭の それから。

先日工事中の様子をご紹介したお庭。

工事が 完了しました。
P1390730_2

石は、 水を打つと 表情が変わります。



P1390759
石畳から持ち上がったような石の台。
その石台の先に芝のこやま があります。
これから どんどん緑のこやまになる予定♪
P1390778
石台は、水盤を置いたりできるように
設計しましたが、まだ小さいお子さんが
遊んだり、花壇の植込みをしながら
ちょっと座って休んだり、と・・・
ベンチにもなりますね!
少しずつ増えるみどり や 花壇の花を
ご家族みなさんで 楽しめますように。
 




             - 家族のための「暮らしの庭」を -
              杜のみどり ガーデンデザイン
               http://www.mori-midog.com/
                  E-mail : mori-midori@nifty.com
                      tel : 0480-31-8701

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ